こどもの自己肯定感と学びを育む

学研みわ教室 【長野市】

全体 小学校入学準備

✍ えんぴつの練習はいつから? 

投稿日:

✍ 

えんぴつとクレヨンの大きな違いは、太さ・長さ・芯の柔らかさです。

【 年少さんはクレヨンを! 】

クレヨンは線画に向いています。

簡単には折れないので、力加減の苦手な幼児さん向き。

幼児さんにとって扱いやすいので、書くことを楽しめます♪

クレパスは、クレヨンに比べて柔らかく潰れやすいので、

お勧めは年長さんくらいから。

✍ えんぴつは早いお子さんは年中さんですが、年長さんからがお勧めです。

三角えんぴつから始めてみて下さい!持ちやすいので、

お子さんの負担が少なくてすみます。

えんぴつもひらがなも、教えるタイミングはその子が興味を持った時!

ひらがなが書ける=頭の良い子、賢い子ではありませんので、

焦るう必要はありません!男女や月齢の差もあります。

それまでは、積み木やブロック、紐通し、粘土遊びなどを通して

手先の巧緻性(手先の器用さ)を育み、いろいろな遊び、道具を使った

生活体験を積むことで運筆力・筆圧を育てておきましょう!

手首をやわらかくすることが大切です。

そして、お子さんが、ひらがなに興味をもったら、まずは読みから

教えてあげてくださいね♫

 

 

-全体, 小学校入学準備

Copyright© 学研みわ教室 【長野市】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.